カボニュー|地球にいいことが見つかる場所

地球にやさしいアクションが集まる公園みたいなコミュニティサイト。難しく考えがちな環境問題を少しでも身近に感じてもらいたいです!カボニューを通して環境への取り組みを発信したい企業・団体を募集中!詳しくは「寄稿に関するガイドライン」をチェック! https://caboneu.jp/

カボニュー|地球にいいことが見つかる場所

地球にやさしいアクションが集まる公園みたいなコミュニティサイト。難しく考えがちな環境問題を少しでも身近に感じてもらいたいです!カボニューを通して環境への取り組みを発信したい企業・団体を募集中!詳しくは「寄稿に関するガイドライン」をチェック! https://caboneu.jp/

マガジン

  • カボニュー×学研コラボ企画「地球号クエスト」

    小学生のお子さまを対象に「地球にやさしいワザ」を募集!日々の暮らしの中で当たり前にやっていること。その中に、実は「地球にやさしいワザ」が隠れているかもしれません!

  • カボニューな仲間と見つける、地球との向き合い方

    カボニューコミュニティサイトの仲間たちが日ごろから感じている地球と私たちの関係や新たな気づき、体験などを紹介。

  • 私と地球にいい暮らし

    環境にちょっといいことってどんなこと?をテーマに、日々の暮らしの中で簡単に取り組むことができそうな、ヒントとなるアクションを紹介。

  • 【最新情報】カボニューレコード

    日々のエコ行動を記録すると、環境配慮への貢献度を数値でチェックできるサービス「「カボニューレコード」の最新情報をお届けします!

  • スローに歩く、北欧の旅『猫でテーブルを拭いてみる』

    北欧の旅とライフスタイルを紹介している、ライターの森百合子さん。この連載ではカボニューにつながるような、北欧での体験をご紹介していきます。

記事一覧

放置竹林問題に取り組む三重県桑名市。その活動から見えてくる、里山のSDGsとは?

蛤の産地として全国的に有名な三重県桑名市。実は、「竹」も有名ってご存知でしたか?古来から竹は、食や生活用品としても親しまれており、地域伝統・文化から切っても切り…

「食のつながり」「幸せのつながり」フードパントリーで感じたフードドライブの必要性【アースデイ東京ユース連載 #6】

フードドライブは、“食のつながり”と“幸せのつながり”が見えにくい。   前回の記事では、岩手大学農学部1年生のしゅりちゃん(高橋柊里さん)が、5月に人生で初めて取…

【お願い】寄稿記事に関するガイドライン~Googleフォームからの入稿編~

この度はカボニューnoteへの寄稿に興味を持っていただきありがとうございます。 カボニューコミュニティサイトは誰でも参加でき、学び、体験し、それらを共有できる、そん…

【お願い】寄稿記事に関するガイドライン~キュレーション編~

この度はカボニューnoteへの寄稿に興味を持っていただきありがとうございます。 カボニューコミュニティサイトは誰でも参加でき、学び、体験し、それらを共有できる、そん…

「食のつながり」「幸せのつながり」フードパントリーで感じたフードドライブの必要性【アースデイ東京ユース連載 #5】

前回の振り返り皆さんこんにちは! アースデイ東京ユース代表の辻田創(つじたそう) です! 今回も「食」についてのアクション「フードドライブ」などに取り組む高校生…

【スローに歩く、北欧の旅#12】今あるものでクリエイトする アイスランドのファッションレポート

みなさん、こんにちは。ライターの森百合子です。カボニューにつながる、北欧での体験を紹介するこの連載。今回はアイスランドのサスティナブルなファッションブランドにつ…

放置竹林問題に取り組む三重県桑名市。その活動から見えてくる、里山のSDGsとは?

放置竹林問題に取り組む三重県桑名市。その活動から見えてくる、里山のSDGsとは?

蛤の産地として全国的に有名な三重県桑名市。実は、「竹」も有名ってご存知でしたか?古来から竹は、食や生活用品としても親しまれており、地域伝統・文化から切っても切り離せないもの。しかし、この竹・・・成長スピードが驚くほど早く、手入れが行き届かなくなると災害や害獣被害を招くことも。放置竹林を作り出してしまう現状と竹の新たな利用法、担い手の重要性などを桑名市長・伊藤なるたかさん、桑名市農林水産課・稲田さん

もっとみる
「食のつながり」「幸せのつながり」フードパントリーで感じたフードドライブの必要性【アースデイ東京ユース連載 #6】

「食のつながり」「幸せのつながり」フードパントリーで感じたフードドライブの必要性【アースデイ東京ユース連載 #6】

フードドライブは、“食のつながり”と“幸せのつながり”が見えにくい。
 
前回の記事では、岩手大学農学部1年生のしゅりちゃん(高橋柊里さん)が、5月に人生で初めて取り組んだフードドライブで感じた課題について教えてくれました。
(前回の記事はこちら)
 
持続可能な支援体制には、支援側の楽しさ、わくわく感、誰かのためになっているという感覚は大切です。
 
「フードドライブは、誰かの役に立っているのか

もっとみる
【お願い】寄稿記事に関するガイドライン~Googleフォームからの入稿編~

【お願い】寄稿記事に関するガイドライン~Googleフォームからの入稿編~

この度はカボニューnoteへの寄稿に興味を持っていただきありがとうございます。

カボニューコミュニティサイトは誰でも参加でき、学び、体験し、それらを共有できる、そんな公園のような場所を目指しています。そして、さまざまな人が気持ちよくコミュニティの中で活動内容を発信できる場でありたいと考えています。

カボニューコミュニティサイトを皆さんに気持ちよく活用いただくにあたって、いくつかのガイドラインを

もっとみる
【お願い】寄稿記事に関するガイドライン~キュレーション編~

【お願い】寄稿記事に関するガイドライン~キュレーション編~

この度はカボニューnoteへの寄稿に興味を持っていただきありがとうございます。

カボニューコミュニティサイトは誰でも参加でき、学び、体験し、それらを共有できる、そんな公園のような場所を目指しています。そして、さまざまな人が気持ちよくコミュニティの中で活動内容を発信できる場でありたいと考えています。

カボニューコミュニティサイトを皆さんに気持ちよく活用いただくにあたって、いくつかのガイドラインを

もっとみる
「食のつながり」「幸せのつながり」フードパントリーで感じたフードドライブの必要性【アースデイ東京ユース連載 #5】

「食のつながり」「幸せのつながり」フードパントリーで感じたフードドライブの必要性【アースデイ東京ユース連載 #5】

前回の振り返り皆さんこんにちは!

アースデイ東京ユース代表の辻田創(つじたそう) です!

今回も「食」についてのアクション「フードドライブ」などに取り組む高校生、大学生の活動を紹介していきます!

前回は、高校生ボランティア団体リレートの皆さんによって開催された、子ども食堂の様子をご紹介しました。廃棄されるはずだった食品を活用して、小学生向けに開かれた子ども食堂。フードドライブの支援がつながっ

もっとみる
【スローに歩く、北欧の旅#12】今あるものでクリエイトする アイスランドのファッションレポート

【スローに歩く、北欧の旅#12】今あるものでクリエイトする アイスランドのファッションレポート

みなさん、こんにちは。ライターの森百合子です。カボニューにつながる、北欧での体験を紹介するこの連載。今回はアイスランドのサスティナブルなファッションブランドについてご紹介します。
 
アイスランドの首都レイキャビクに店を構える「svart by svart」は、フィンランドとスウェーデンにルーツをもつデザイナーのマルコ・スヴァートさんと、日本出身のモモ・ハヤシさんが立ち上げたアパレルブランド。ブラ

もっとみる