マガジンのカバー画像

カボニューな仲間と見つける、地球との向き合い方

34
カボニューコミュニティサイトの仲間たちが日ごろから感じている地球と私たちの関係や新たな気づき、体験などを紹介。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

地球にいいアクションを広めてくれる「カボニスト」を募集します!

こんにちは!カボニュースタジオです。 今回は、カボニューで募集している「カボニスト」につ…

かぐや姫が微笑えむような竹林に!地元の学生が放置竹林で整備のお手伝い

三重県桑名市で放置竹林が市の重点課題になっているという話を聞き、足を運びました。前編では…

カボニュースタジオおすすめ!カボニストさんの投稿紹介 #2

こんにちは!カボニュースタジオです。 「私と地球にいいことが見つかる場所」カボニューでは…

徳島県上勝町の『HOTEL WHY』にいってきた〜!

こんにちは、ちゃびまるです。 10月27日・28日、ずっと行きたかった徳島県上勝町にあるHOTEL W…

ちゃびまる
2か月前
79

沖縄発!スタートアップ企業が描く「サステナブルな未来」とは?「ハッピーアーススタ…

エコフレンドリー(環境に優しく)で、エシカル(倫理的)で、サステナブル(持続可能)な事業…

環境保全に取り組む、即成院・平野雅章住職に聞く。日本ならではの自然や生物との向き…

一般社団法人「自然環境文化推進機構」の理事の一人でもある、京都・即成院の平野雅章住職。近…

環境に目を向けることは「自分を守ること」にもつながる。環境省・森里川海アンバサダー奥村奈津美さんに学ぶ新しい防災のスタイル

線状降水帯やスーパー台風など、かつてない被害の自然災害が多発する日本。あらゆる地域が被災したことで、これまで以上に備えることが求められています。また、これらの激甚な災害を引き起こす原因となっている環境破壊も改善の一途というわけにはいきません。ニュースなどで現状を耳にし、行動したいと思っているものの、どう行動していいかわからない人も多いこの問題について、防災啓発活動と環境問題に取り組む奥村奈津美さんに詳しく教えていただきました。 一番大切なのは「正しい知識」を持つこと―― 奥

京都にある「現世でも極楽、来世でも極楽」を叶えるお寺。環境保全に取り組む、即成院…

寺社仏閣、華道、茶道など伝統的な文化をとおして自然環境の大切さを訴え、守る「一般社団法人…

テスラモデル3購入体験記#40 〜1年レポートしてわかった「今後ここに…

今回「ここにもっと期待したい」をレポート テスラモデル3を購入して楽しかった1年。一方で…

Yukimiya
5か月前
13

私に合った地球にいいことって何だ?カボニューワークショップ実験!

つい先日、カボニュースタジオのメンバーで、自分に合った地球へのアクションを見つけるワーク…

おこめ
3か月前
15

藍染サーフアーティスト・永原レキさんが地元・徳島から“渦”をつくる理由【Think Gl…

「Think Global, Act Local」という言葉をキーワードに、“ローカル=地域”を中心に環境問題…

思いの外、早く目覚めてしまったからルッコラを見る

おはようございます。まよちゃです。とかいいつつ、更新してるのは翌日の20時過ぎ。 昨日は偉…

まよちゃ
4か月前
7

3.5%の夜明け|四角大輔 連載#01「ひとりの力」

「自分がマイカップを使ったって、なにも変わらない」 「選挙で一票を投じたって、結果にはな…

はじめての水耕栽培やってみた

ちょっと前になるけど、8/7(日)に渋谷駅でやってたイベントで、「カボニュー種ガチャ」というのがあって。ガチャガチャを回すと、自分で育てられる野菜の種をもらえるとのことで、出てきたのは「リーフレタス」。 ペットボトルを使って水耕栽培っていうのをやると、写真のようなレタスになるらしい。マジか。夏休みの自由研究にもなりそうなので、娘にキットを渡して栽培させてみた。 ペットボトルに水をいれ、水を吸い上げる綿がついたキャップをはめる。そこに、付属のちっちゃいスプーンで、これまた相