マガジンのカバー画像

ファッションと私の付き合い方

15
ファッションやコスメなどを我慢するのではなく、楽しみながら地球にいいことしたい!その気持ちを満たすような発見や気づきを紹介。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

「カボニュー・コミュニティサイト」へようこそ!

はじめまして。 カボニュー・コミュニティサイトを運営している「カボニュースタジオ」です。 …

あえてサステナブルは意識しない。Z世代のデザイナー一法師拓門さんが考える“持続可…

デザイン事務所ConcePione(コンセピオン)代表、クリエイティブディレクターを務める、一法師拓…

【スローに歩く、北欧の旅#12】今あるものでクリエイトする アイスランドのファッシ…

みなさん、こんにちは。ライターの森百合子です。カボニューにつながる、北欧での体験を紹介す…

オン・ジャパンの仕掛人に聞く!「ランニングシューズのサブスク」から広がる、地球へ…

衣料品の大量廃棄は、国際的な課題の一つ。特にシューズは、自然環境で分解されない素材を使用…

藍染サーフアーティスト・永原レキさんが地元・徳島から“渦”をつくる理由【Think Gl…

「Think Global, Act Local」という言葉をキーワードに、“ローカル=地域”を中心に環境問題…

集まり、憩い、新しい出会いを創出する場所「Caboneu PARK」×「NEW ENERGY TOKYO」イ…

こんにちはカボニュースタジオです! 9月8日(木)~11日(日)、新宿住友ビル三角広場で新時…

「FREEDOM淡路島」のサステナブルなチャレンジに参加!マリエさんが「カボニューな生き方」を選ぶ理由

こんにちは!カボニュースタジオです。   8月21日(日)、5年ぶりに開催する野外フェス『笑顔道 presents FREEDOM 青空 2022 淡路島』。今年は、グッズやFOODでサステナブルなチャレンジをすることでも注目を集めています。   これまでの記事では、環境省「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」アンバサダーの小原さん、イベント主催のMINMIさんの、イベント開催への思いをご紹介しました。   今回は、小原さんを“環境省アンバサダーチームのボスであり良き相

カボニューがFREEDOMに参加!?地球と向き合う野外フェスでサステナブルなチャレンジ…

こんにちはカボニュースタジオです! 突然ですが、この夏、サステナブルなチャレンジをする野…

家にある花で簡単にできる!ロスフラワーを使ったものづくり

フラワーサイクリストやロスフラワーについて聞いた前半に続きお話を伺ったのは、フラワーサイ…

廃棄直前の花「ロスフラワー」に、新たな命を。フラワーサイクリスト・高橋響さん

一輪挿しただけで、パッと部屋が華やかになるーー。花は私たちの気持ちを晴れやかにしてくれた…

メイクから環境を守る一歩を。メイクアップアーティストが薦める、地球にやさしい12の…

日常の中で、なるべく環境に負荷をかけないアイテムを使いたい。けれど、何から始めたらいいの…

知って、直して、参加する。いろんな視点で楽しむ“サステナブルファッション”

“サステナブルファッション”を見聞きすることは増えてはいるものの、何がどうサステナブルな…

4月16日・17日は「私と地球にいいこと」を見つける日!カボニューが『アースデイ東京2…

こんにちは!カボニュースタジオです。 2022年3月11日(金)〜5月30日(月)に開催される『ア…

捨てるのではなく、次のものづくりに託す。『ITONAMI』山脇耀平さんの服との向き合い方

着る人にとっても、作る人にとっても、幸せなデニムとの付き合い方を届けたいーー 今回お話を伺ったのは、“デニム兄弟”の愛称で知られ、岡山県児島を拠点とするデニムブランド『ITONAMI』代表取締役COO・山脇 耀平(兄)さんです。 ITONAMIの取り組みは、兄弟のデニム愛溢れるものばかり。服の染め直し『fukuen』や、不要になったデニム回収プロジェクト『FUKKOKU』、服づくりの過程を一緒に楽しむ『服のたね』など。「買って終わりではない、服との付き合い方」を提案してく