マガジンのカバー画像

サステナブルな休日を

33
エシカルな旅やごみ拾いなど…みんなが休みの日に実践する「環境にちょっといいこと」を紹介している、noteクリエイターさんの記事をカボニューがピックアップ!
運営しているクリエイター

記事一覧

捨てる前にDIY

時節柄、「大掃除」を気にするときがやってきました。クリスマスが終わればお正月の前に「大掃…

岩西 剛
1か月前
16

着れなくなった服を【藍染】で染め直しました 〜服を長く着る〜

4月に会社員を辞め、起業準備をしている主婦のshiroです。 アクシデントにより着れなくなった…

shiro
7か月前
29

モノを大切に扱う。金継ぎ

こんばんは。 今日は金継ぎのお話しです。 先日大事にしていたマグカップを ふとした粗相で割…

toko
1年前
30

海のゴミ拾いは、まるで宝探し✨『水中ゴミ拾い専門店Dr.blue』です!

みなさんはじめまして✨ 水中ゴミ拾い専門店Drblueの東真七水(アズママナミ)です🚮💖 これ…

東 真七水
4か月前
28

【コラム】「ゴミ拾い」が若者の間でメジャーになってきた理由とその後の定着について…

みなさん、こんにちは。 株式会社Liberty 代表取締役の三上結香(みかみゆか)です。 昨日は…

京都産の規格外野菜で「サステイナブルなピザ」づくり

noteをやっていてよかったと思う瞬間がたくさんあります。 たとえば、こういう考えかたもある…

ささきひろこ
9か月前
156

金継ぎ、やってみた!

バリンッ! 豪快な音をたてて茶碗が割れた。 陶芸市で買った一点ものの茶碗。陶器を物色する人々でごった返した坂道を何往復もして、ようやく出会った一品。何十品いや何百品も置いてある店内から、探し出した作品。 濡れた手から滑り落ちた茶碗が、シンクに大きな破片となって散った。 あまりの事態に、シンクの中をただ呆然と眺める。見るも無惨に散った茶碗とその破片。 一拍おいてでた第一声はもちろん 「うわーーーー!!!!!」 大絶叫だった。 ちなみに、わたしの手元はたいへん覚束

7年使い古したデスクを今の自分好みにDIYした話 / DIY own desk.

無印良品のオーク材デスクを約7年使用してきました。 シンプルさと実用性を兼ね備えており気…

mutsumi okazaki
6か月前
67

はじめてエシカルを学ぶ人におすすめの本5冊

はじめに エシカルって、ちょっと堅苦しいイメージがある……。 そんな方に、ぜひ読んでいただ…

【リボベジ】野菜くずから野菜を再生する方法

 室内に緑があると心が安らぐ。四季折々の花もいいけれど、僕たち夫婦は花より団子だ。どうせ…

川口貴史
10か月前
26

夏みかんで染めたふろしき

夏みかんの皮で風呂敷を染めました。 フルーツは、元気が出ますね。🍊 麻ガーゼの風呂敷。 …

「次のオーストラリア旅行で泊まりたい!」サステナブルなホテルで次世代の旅を

みなさんこんにちは!「自分たちが意外と知らない世界のはなし」をお届けするTIAMiesです。 …

TIAMies
1年前
18

野菜くずが、手軽に美味しく栄養価の高い万能出汁に

こんにちは ベジブロスをご存知ですか? 調理の際に余ってしまった野菜の切れ端や 皮や芯、…

高丘真弓
1年前
40

FURUNO有志メンバーに密着!夢は西宮市をプロギングの街に?!ゴミ拾い + ジョギングが紡いだ、社内外との交流に迫る!

右手にはトング、左手にはゴミ袋。だけど全身のほとばしる汗に、弾ける笑顔!最近、社内外でも話題になっている、青色Tシャツ軍団をご存知でしょうか? 今回取材をしたのは、FURUNOの従業員同士の有志ではじまった「プロギング」と呼ばれる “スポーツ” 集団!一見ゴミ拾いのように見えますが、これはれっきとしたスポーツなのだそう。これは百聞は一見に如かずということで、note担当もプロギングに同行しました! きっかけはサンクスカード。「せっかくなら楽しもう」の精神で生まれた社内の輪