マガジンのカバー画像

地球にいただきます!

35
エコな食材で作られたごはん、エコな調理法で作られたおやつなど…地球にやさしい「食」を紹介している、noteクリエイターさんたちの記事を集めました!
運営しているクリエイター

記事一覧

大学生×農業 食品ロスから堆肥を作り大事に育てた白菜の収穫!

こんにちは!私達は、東海学院大学管理栄養学科の食品ロスから堆肥を作り農業をやってみようプ…

おいしく手軽に食品ロスを減らそうプロジェクト! #1

みなさん!こんにちは! 十文字学園女子大学 食品開発学科のカノです! 今回は、元気プロジェ…

余ったワインからサングリア?一緒に煮込んだフルーツも美味しく使い切る!

レストランで、ちょっと特別な日に頼むグラスワイン。その際、余ったワインがどうなるかご存じ…

40

共通の社会課題に向き合う!企業が連携して行う取り組み~サステナビリティ・ブランデ…

こんにちは。 フォワードでインターンをしている海野です。 今週のWeekly Newsもよろしくお願…

対面授業初実施!香川大学附属坂出中学校編

 食育部のyurina です。うどんがとっても有名な香川県に伺ってきました。 他に香川県の有名な…

「てまえどり」ってなに?

突然ですが皆さんは、「てまえどり」という取り組みをご存じですか?農林水産省によると「てま…

Fukunou Team SDGs
2か月前
8

混ぜているのはコンポストと人の想い!~食のSDGs#たべるめぐるホテル~

昭和50年の開業以来「新・都ホテル」という名称で地域住民にも長年愛され、平成31年にブランドリニューアルした「都ホテル 京都八条」。 京都駅八条口から徒歩約2分という利便性高い都市型ホテルの正面玄関に、木製の箱が4つ並んでいます。ホテルの入口に違和感なく馴染むこちらは、ホテルのレストランから出る生ごみを堆肥(コンポスト)にするための容器「コンポスター」。このコンポストを利用してハーブを育て、食材として提供する食のSDGs「#たべるめぐるホテル」について、お話を伺いました。

ゼロウェイストスーパーって知ってる?

昔から、スーパーなどで買い物をした際に出るゴミの量について違和感を感じてきた。 特に日本…

Yukari Fujii
1年前
366

ヨーグルトの"ホエー"でつくる簡単漬物! 発酵来福レシピ【第2回:ホエー漬け】

↑(写真上)かぶ・きゅうり・にんじんのホエー漬け(写真中)きゅうりを1週間以上漬けた古漬…

21

おうちごはんNo.113|今だけの愉しみ。大豆ミートと生落花生入りタコライス

こんばんは! 少し前の記事で、近所の地場産に行った話を少ししましたが、この時生落花生を見…

mamige
3か月前
32

プラントベース生活20年〜近くのスーパー買い物でも見つけられる食品

フランスで手軽に見つけられるプラントベース食材・お肉を使わない食材、食品があります! オ…

フードロスを「おいしく」なくそう!|SaveVagetablesを開催しました

4月16日、フードロスを「おいしく」なくすワークショップを開催しました! アノウラボでもフー…

廃棄されるバナナ

ちょっと見栄えが悪いものや熟し過ぎた物が次々廃棄となる。 私たちの意識を変えないとますま…

cukai
3か月前
46

合言葉は『もったいない』 規格外の野菜をピクルスや惣菜にして販売 ー砥部町・久万山 Deli Lab

2022年1月の「地元を愛す。」プレゼントの賞品にセレクトしのは、昨年9月に砥部町にオープンした「久万山 Deli Lab」のピクルスの詰め合わせ。通常であれば店頭には並ばない規格外の野菜などをピクルスや惣菜に加工し、販売している「久万山」の代表取締役副社長・檜垣由美子さんにお話を伺いました。 八百屋としての長年の苦悩・フードロスを解消するために。 合言葉は『もったいない!』 久万高原町に本社のある創業41年の八百屋「久万山」が2021年9月に砥部町にオープンさせた「久万