マガジンのカバー画像

カボニューパートナーと考える “地球にちょっといい“取り組み

14
環境問題と向き合い、カボニューコミュニティサイトの想いに賛同してくれたパートナー企業の取り組みを紹介。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

「カボニュー・コミュニティサイト」へようこそ!

はじめまして。 カボニュー・コミュニティサイトを運営している「カボニュースタジオ」です。 …

HOTEL WHY で“考えた”、1日に出るごみの量と生活の中でできること

日本で初めて「ゼロ・ウェイスト」を宣言した、徳島県の上勝町。前編では、上勝町のこれまでの…

日本初!徳島県上勝町が宣言した「ゼロ・ウェイスト」。実現するための取り組みとは?

徳島県の山あいにある上勝町。人口約1,400人の小さなこの町は、2003年に日本の自治体で初めて…

ドライバーにも地球環境にも優しい!再配達を避けてCO2排出削減に貢献

コロナ禍の影響により私たちのライフスタイルは日々急激に変化しています。 なかでも急伸して…

オン・ジャパンの仕掛人に聞く!「ランニングシューズのサブスク」から広がる、地球へ…

衣料品の大量廃棄は、国際的な課題の一つ。特にシューズは、自然環境で分解されない素材を使用…

古いものを次世代へつなぐ“レスキュー”文化を生み出す「リビルディングセンタージャ…

長野県諏訪市にあるReBuilding Center Japan(リビルディングセンタージャパン)、通称「リビ…

おもちゃがトレイに?キッズカボニストがマクドナルドでリサイクル体験!

子どもたちにとってマクドナルドの楽しみといえば、ハッピーセットのおもちゃ。 人気のキャラクターとコラボしたおもちゃや、最近では図鑑や絵本も登場。袋を開けるまで何が入っているか分からないというのも、ドキドキワクワクさせてくれますよね。 子どものハートを鷲づかみするハッピーセットですが、マクドナルドにお世話になっているパパとママなら、きっと一度は思ったことがあるはず。 「おもちゃ、家にいっぱいあるんだよな…」 ハッピーセットのおもちゃリサイクルは、そんなママやパパの声から

2022年9月8日(木)〜11日(日)、クリエイションを基幹とした祭典「NEW ENERGY TOKYO…

こんにちはカボニュースタジオです!   ファッション、アート、エシカル…様々なブランドやア…

食の選択は未来への投票権。フィッシャーマン・ジャパンが目指す、海の資源をムダにし…

地球の約7割を占め、生物が生きていくための環境作りに大きな役割を果たしている海。海に関す…

圧倒的な「おいしい花」体験!「エディブルガーデン」小澤亮さんが伝える自然や生産者…

たとえば、ひと口飲むだけでバラの香りがカラダじゅうに満ちるカクテル。イタリアの食後酒にヒ…

視覚的にも楽しい!「グリーンカーテン」で省エネ&CO2削減

2022年、オーストラリア西部で50.7℃を記録するなど、世界各地で深刻な異常気象が続いています…

生ごみは濡らさず絞って捨てる。少しの工夫で地球温暖化対策に

毎年大量に出される一般廃棄物の中で、「燃えるごみ」に分類される生ごみの処理問題。 「燃え…

牛VS豚VS鶏 温室効果ガスの排出量が少ないのは?

近年、「肉を食べること」の環境負荷に世界的な注目が集まっています。 結局のところ、一体ど…

捨てるのではなく、次のものづくりに託す。『ITONAMI』山脇耀平さんの服との向き合い方

着る人にとっても、作る人にとっても、幸せなデニムとの付き合い方を届けたいーー 今回お話を伺ったのは、“デニム兄弟”の愛称で知られ、岡山県児島を拠点とするデニムブランド『ITONAMI』代表取締役COO・山脇 耀平(兄)さんです。 ITONAMIの取り組みは、兄弟のデニム愛溢れるものばかり。服の染め直し『fukuen』や、不要になったデニム回収プロジェクト『FUKKOKU』、服づくりの過程を一緒に楽しむ『服のたね』など。「買って終わりではない、服との付き合い方」を提案してく